線の情報量


「こういうデッサンって、何を基準に上手い下手ってわかるんですか」

 

描き始めの人から、こんなことを最近聞かれました。

 

 

絵を言葉で語るというのは本当に難しく、取りこぼすものが多すぎて、

 

つい慎重になりがちなのですが、その日は、普段感じていることが

 

するりするりと出たような気がします。

 

 

「簡単にデフォルメっていうんだけど、処理の仕方ですよね。10分だから、

 

顔のパーツとか、骨の盛り上がりとか、陰影で描いていられないわけです。

 

そうすると例えば横顔のまぶた、頬骨、鼻とか唇、これをシンプルな線で

 

処理しないといけない。

 

もちろん奥のほうからのまわり込みとか、石膏デッサン的な写実性も

 

頭に入れた上で・・・。上手い人のデッサンは、一本一本の線がすごく密度が濃い。

 

一本の線で、物凄くたくさんのことを表現しているんです。

 

ときどき、ちょっと凄まじいくらい」

 

 

こういったことは、自分でデッサンしているうちに見る目がついてくる、

 

そういうこともあります。

 

弁慶の泣き所というスネのあたりは、なぜか骨が少しふくらんでる、とか。

 

横から見ると分かります。

 

 

でも、例えばモデルに力士を連れてきたら、そういうことは分からないかもしれない。

 

肋骨まわりだって、どんなポーズをとっても丸でしょうから、

 

「この人ひねるとこんなラインがでるのか!」といった新鮮な驚きもないでしょう。

 

 

だからここでは、細さを持つモデルなんですね。

 

線描きと密接につながっているのです。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    小野真理子 (火曜日, 29 5月 2012 00:23)

    このコメントは内藤さんが書かれていらっしゃるのですか?
    私はデッサンに感じていて、でも言葉にならないものを形にしてくださっているので、なるほどなあと感心してしまいます。
    これからも形にしてくださることを楽しみにしています。
    ではまた、ポシェットクラブかセツでお会いできる日を楽しみにしています。

  • #2

    内藤 (土曜日, 09 6月 2012 14:14)

    小野さん、いつも熱心に描いていらっしゃるので、すばらしいな~と思っています。
    一応私が書かせてもらっていますが、先生から見聞きしてもらったものを翻訳、編集している感じです。
    誤訳がなければいいな、と思いながらですが・・。
    今後もよろしくお願いしますね。

概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
© 2011 Pochette Club. All Rights Reserved