素敵なウソ


私たちポシェットクラブの人物クロッキー(デッサン)が、故・長沢節のスタイルということは前回お話しました。

 

それは「デッサンは何かの下描きや、練習のためではなく、それ自体が一枚の絵画・芸術品」という考え方です。

 

人の形や陰影を、石膏デッサンのように機械的に写して「上手だね~」ということは、ポシェットクラブではやりません。

 

もちろん、一人ひとりがどう描くかは自由なんですが・・


人間の形をよく知った上で、何を省略・あるいは誇張すれば、紙の上では美しく見えるのか。

 

そのためには、素敵なウソを使って、人の身体をデフォルメすることが必要になってきます。

 

 

 

何か、おかしなことを言ったように見えるかもしれません。

 

そうです。

 

「人の体は、紙の上にそのまま写しても美しくない」

 

これがデッサンの前提です。

 

少しショッキングでしょうか。

 

でも、考えてみてください。

 

人間の体は、ギリシャ彫刻のように美しいでしょうか??

 

もちろんモデルの皆さんは、選りすぐりの素敵な方々ばかりです。

 

でも実存の身体には、そこから隔たるいろんな要因があります。

 

創作された美しさを真に受けて、「人間は絶対に美しいんだ!」と写実的に描いてみても、なぜかちっ

とも素敵に見えない。写し上手にはなっていくだろうけれど・・・。

 

ギリシャ彫刻のモデルがいたとしたら、実はギリシャ彫刻ほど美しくなかったんじゃないか??

 

紙の上の世界でも、人体を素敵に描くには、ウソが必要なんです。

 

 


「人体は美しくない」というのは、確かにキツイ事実です。絶望といってもいい。

 

でも、それでもあきらめないとき「じゃあ、どうやって美しくしていくか」という意識が生まれます。

 

 

そこが、創作の自由が生まれる場所だと思うのです。

 

 

概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
© 2011 Pochette Club. All Rights Reserved